米Iovance社、自家TIL療法のメラノーマ対象第2相で好結果

 腫瘍浸潤リンパ球(TIL)療法の開発を手掛ける米Iovance Biotherapeutics社は2022年5月26日、進行性のメラノーマ患者に対して、自家TIL療法のlifileucel(LN-144)を単回適用した非無作為化第2相C-144-01試験で、好結果が得られたことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)