米Adicet社、B-NHL向け他家γδCAR-T療法の第1相で有望データ

 がんの他家T細胞療法を開発している米Adicet Bio社は2022年6月6日、B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-NHL)の適応で初の第1相臨床試験(GLEAN-1試験)に入っているγδキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法の開発品(ADI-001)について、有力な中間解析結果を得たと発表した。成果は米臨床腫瘍学会(ASCO)で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)