英サンガー研など、T細胞活性化に関わる遺伝子の変異と免疫疾患の関連性を発見

 英Wellcome Sanger Instituteなどの研究チームは、シングルセル解析を行い、T細胞活性化の異なるステージで活性化される遺伝子を同定、そこに、数多くの免疫疾患に関係する変異が含まれていることを明らかにした。研究の詳細は、nature genetics誌電子版に2022年5月26日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)