創薬支援のADDP、RNAスプライシングに特化したライブラリー構築、HTSを提供

 アクセリード(東京・港、藤澤朋行社長)傘下で創薬支援サービスを手掛けるAxcelead Drug Discovery Partners(神奈川県藤沢市、池浦義典社長、以下、ADDP)は、2022年5月からRNAスプライシングへの作用を指向して設計・合成した化合物ライブラリーを使ったハイスループットスクリーニング(HTS)サービスの提供をスタートさせた。2022年5月23日、ADDPの神谷博貴主任研究員、平野満主任研究員が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)