Lilly社、遺伝子治療などの生産体制拡充に向け2つの製造施設を新設へ

 米Eli Lilly社は2022年5月25日、21億ドル(約2673億円)を投資して新たな製造施設を建設する計画を発表した。インディアナ州ブーン郡レバノンの研究開発区域「LEAP Lebanon Innovation and Research District」内に2施設を建設する。遺伝子治療など新モダリティの製品生産体制の充実を図り、同社製品の生産ネットワークの拠点に位置付ける方針だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)