米INmune Bio社、アルツハイマー病対象XProの第2相開始が差し止め

 腫瘍壊死因子(TNF)を標的とするアルツハイマー病(AD)治療薬の開発を進める米INmune Bio社は2022年5月23日、新たに製造された「XPro」(XPro1595)について、CMC(化学・製造・品質管理)に関する情報を追加するよう求める通知を米食品医薬品局(FDA)から5月20日に受け取ったと発表した。同時にFDAは、同社が米国で開始を予定していた、AD向け第2相試験に対する差し止めも指示した。正式な差し止め指示の通知は約30日で同社に届く見込みで、それまでに同社は追加情報を提出する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)