厚労省第二部会、J&J社の1回接種コロナワクチンの承認を了承、国内で5種類目

 厚生労働省は2022年5月30日に薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開催し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンである、米Johnson & Johnson(J&J)社の「ジェコビデン筋注」(コロナウイルス[SARS-CoV-2]ワクチン[遺伝子組換えアデノウイルスベクター])の承認を了承した。同ワクチンが承認されれば、国内で承認されたCOVID-19のワクチンとしては5種類目となる。2021年5月24日にヤンセンファーマが承認申請した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)