米Moderna社、追加接種用コロナ2価ワクチンを2022年から国内自社供給へ

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けのメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン「スパイクバックス」を開発し、世界中に供給して一躍巨大企業となった米Moderna社のPaul Burton最高医療責任者(CMO)が来日し、2022年5月27日に会見を行った。会見後の単独インタビューと合わせて掲載する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)