IQVIAジャパン、2021年度は中外製薬が国内売上高で初のトップに

 IQVIAジャパンは2022年5月24日、2021年度(2021年4月から2022年3月まで)の日本医療用医薬品市場(薬価ベース)を「IQVIA ジャパン トップライン市場データ」として発表した。市場は前年同期比3.3%増の10兆6887億1000万円と報告された。企業別の売上高では、中外製薬が武田薬品工業を抜いて、初のトップに立った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)