米Kriya社がシリーズCで345億円を調達、遺伝子治療の開発を加速

 眼科疾患、がん、希少疾患、慢性疾患に対する遺伝子治療の開発に取り組む米Kriya Therapeutics社は2022年5月16日、シリーズCで2億7000万ドル(約345億円)を調達したと発表した。獲得した資金は、パイプラインの開発の促進と、エンジニアリング、製造、およびコンピュテーショナルプラットフォームの規模の拡大などに用いられる見込みだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)