科研製薬、今後10年間で2000億円を研究開発に投資

 科研製薬は2022年5月12日、2022年3月期の決算と、2023年3月期から10年間の「長期経営計画 2031」についての説明会を開催した。堀内裕之代表取締役社長は「パイプラインの拡充を最重要課題と捉えて、研究開発への積極的な投資を進める」とコメントし、今後10年間で2000億円を、シーズ探索や共同研究、M&Aの推進などに投資すると明かした。さらに、再生医療やデジタルヘルスなど新規の分野への参入に意欲を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)