キッズウェルが中計修正、黒字化延期し歯髄幹細胞に100億円超投資へ

 バイオシミラーおよび再生医療等製品の開発を手掛けるキッズウェル・バイオは2022年5月13日、2022年3月期の決算説明会を開催した。2021年2月に公表した中期経営計画を変更し、乳歯歯髄幹細胞(SHED)を用いた細胞医薬の開発を積極化するため、100億円以上の投資を今後行う方針が掲げられた。バイオシミラーでは成長が限定的だと判断し、再生医療分野で成長を追求する。同時に、従来掲げていた2023年3月期の黒字化を延期した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)