ナノキャリア、抗菌点耳薬の販売開始は2023年度前半の見込み

 ナノキャリアは2022年5月17日、2022年3月期(2021年度)の決算説明会を開催した。セオリアファーマ(東京・中央、金澤一代表取締役社長)と共同開発を進める抗菌点耳薬(開発番号:ENT103)が同年4月に承認申請され、2023年度前半の販売開始を見込んでいるという。また、プラチナ製剤抵抗性卵巣がんを対象に開発中の遺伝子治療薬(開発番号:VB-111)については第3相臨床試験が進行中で、2022年後半に主要評価項目の結果を取得する予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)