タカラバイオ、過去最高益達成も2023年3月期は大幅減益予想

 タカラバイオは2022年5月17日、2022年3月期の決算説明会を開いた。一般研究用試薬の需要回復とCOVID-19関連試薬の伸長で過去最高益を達成した一方、2023年3月期にはCOVID-19関連の需要が落ち込むとして大幅減益を予想した。パイプラインでは、直近で発表した、脳への指向性が高い新規のアデノ随伴ウイルス(AAV)ベクター「CereAAV」について、開発の方針を明かした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)