デルタフライ、「タグリッソ超え」のDFP-14323を近く国内申請へ

 がんを対象とした創薬を手がけるDelta-Fly Pharmaは2022年5月16日、2022年3月期の決算説明会を開催した。同社が開発している肺がん向けの抗がん薬DFP-14323について、早期承認に向けて当局への申請前相談を開始する方針を明らかにした。一方、急性骨髄性白血病を対象に進めていたDFP-10917は、申請および上市予定を従来の見込みより約1年延期した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)