α線治療、初の国産・内用療法薬の登場も近い?

 α線を放出する放射性同位体であるアスタチン-211(211At)を使った新たながん治療の臨床試験が、大阪大学に続き、福島県立医科大学でも始まる。この2大学の臨床試験は、国産の内用療法実現に向けた第一歩となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)