ペルセウスプロテオミクス、抗TfR抗体の試験開始に遅れ

 ペルセウスプロテオミクスは2022年5月16日、2022年3月期の決算説明会を開いた。今期の売上高は7100万円(前期比5.9%増)で4億7200万円の営業損失(前期は4億1100万円の営業損失)となった。抗体・試薬販売と抗体研究支援の事業が売り上げは伸びたが、自社開発品の治験が遅れ、研究開発費が予想よりも少なかったことも影響した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)