米LogicBio社、小児メチルマロン酸血症のin vivoゲノム編集治療の臨床試験を再開へ

 米LogicBio Therapeutics社は2022年5月9日、同社のメチルマロン酸血症(MMA)小児患者に対するin vivoゲノム編集治療LB-001の第1/2相試験について、米食品医薬品局(FDA)が臨床試験の差し止めを解除したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)