日本新薬、2023年3月期にエキソンスキッピング薬最大2品目の治験開始へ

 日本新薬は2022年5月11日に2022年3月期の決算発表を行った。売上高は前年同期よりも12.8%増の1375億4700万円、営業利益は同8.3%増の282億9900万円、親会社株主に帰属する当期純利益は同11.3%増の230億4400万円だった。ただ、10期以上にわたって連続で増収増益を続けてきた同社だが、2023年3月期の業績予想は売上収益が1340億円、営業利益が270億円、親会社に帰属する当期利益は215億円の予想だ。2023年3月期から国際財務報告基準(IFRS)を適用するため、2022年3月期と直接の比較はできないが、数字上は減収減益だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)