塩野義、コロナの経口薬とワクチンで今期1100億円と予想

 塩野義製薬は2022年5月11日、2022年3月期の決算説明会を開催した。その中で、国内で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を対象に承認申請中の経口抗ウイルス薬(開発番号:S-217622)と、開発中の遺伝子組換え蛋白質ワクチン(開発番号:S-268019)で、2023年3月期に合計1100億円を売り上げるとの予想を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)