J-TEC、再生医療受託事業の減収で赤字拡大

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(以下J-TEC)は2022年5月11日、2022年3月期の決算説明会を開いた。売上高は21億円(前期比6.8%減)で、4億9000万円の営業損失を計上した(前期は4億6000万円の損失)。再生医療製品事業の売上は拡大した一方、再生医療受託事業の減収が大きく響き赤字が拡大した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)