新日本科学、新モダリティのCRO増加で通期でも過去最高益

 新日本科学は2022年5月10日、2022年3月期の決算説明会を開いた。今期の売上は177億円(前年同期比17.5%増)、営業利益は41億円(同65.9%増)で、過去最高益を達成した。前臨床試験の医薬品開発業務受託(CRO)事業が好調だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)