理研吉田氏、「スプライシングを変調させる化合物で新たなバイオロジーを発見したい」

 スプライシング因子に作用し、スプライシングを変調させることが分かっている化合物は複数ある。天然物由来のスプライソスタチンAはその代表格だ。長年、スプライソスタチンAに関連する研究を手掛けてきた、理化学研究所環境資源科学研究センターケミカルゲノミクス研究グループの吉田稔グループディレクターが、2022年4月1日、本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)