信大病院、piggyBac法によるHER2標的の自家CAR-T療法の医師主導治験を開始

 信州大学医学部小児医学教室の中沢洋三教授、同大学術研究・産学官連携推進機構遺伝子・細胞治療センターの柳生茂希教授らの研究グループは、2022年5月9日、骨・軟部肉腫と婦人科悪性腫瘍を対象として、piggyBacトランスポゾン法を用いた、HER2を標的とした自家キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法の医師主導治験(第1相相当)を信州大学医学部附属病院(信大病院)で開始すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)