Chordiaの森下氏「アカデミア創薬は初期から産学官一体のモノづくりを」

 武田薬品工業からカーブアウトした創薬スタートアップのChordia Therapeutics(神奈川県藤沢市、三宅洋代表取締役)は、スプライシング因子を間接的に変調させるCDC様キナーゼ(CLK)阻害薬(開発番号:CTX-712)を開発中だ。2022年3月8日、CTX-712創製の経緯から産学連携の在り方まで、同社の共同創業者である森下大輔CSOが本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)