アニサキスパルス殺菌法、本格事業化を目指し研究会発足

 熊本大学と水産加工品などを手掛けるジャパンシーフーズ(福岡市、井上陽一代表取締役)らは、寄生虫を電気で殺す手法「パルス電流殺虫」を事業化するための研究会を立ち上げた。この手法は多くの魚介類に潜む寄生虫のアニサキスを殺虫する新技術として、2021年に発表されたもの。今後の大規模化や国際標準化を目指し、研究開発を進めるために研究会の形を取った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)