アステラス、2022年3月期は3期ぶりの増収、XTANDIなどの売上高が前年比19%増

 アステラス製薬は2022年4月27日、2022年3月期通期の連結決算(国際会計基準)を発表した。売上収益は1兆2961億円(前年比3.7%増)と、3期ぶりの増収を達成した。「XTANDI」(エンザルタミド)や重点戦略製品の売上高が前年比19%増と伸長したことが、増収の要因となった。さらに、2023年3月期にはXTANDIと重点戦略製品を合わせて、売り上げ高が前期比24%増となり、当期利益は前期比67.6%増の2080億円となる計画だ。安川健司社長CEOは、「今後1年間は、重点戦略製品に優先的に投資をする。一方で、価値向上に寄与しないコストを徹底的に見直し、販管費を厳格にコントロールしていく」とコメントした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)