米Moderna社、コロナ向け2価ブースターワクチンの臨床試験で好結果

 米Moderna社は2022年4月19日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する2価のブースターワクチン候補mRNA-1273.211の臨床試験で、好結果が得られたと発表した。同社の既存のワクチンであるmRNA-1273と比較して、ベータ変異株およびオミクロン変異株に対する6カ月後の中和抗体力価が優れ、安全性および忍容性も示されたとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)