WHOは小児の原因不明の急性肝炎について注意喚起している(WHOのウェブサイトより)
画像のクリックで拡大表示
WHOは小児の原因不明の急性肝炎について注意喚起している(WHOのウェブサイトより)
 原因不明の小児の急性肝炎の報告が、2022年1月以降、欧米で相次いでいる。世界保健機関(WHO)は、2022年4月23日、欧州や北米において、原因不明の小児の急性肝炎がこれまでに169例報告されたと発表した。また厚生労働省は、2022年4月25日、日本において、原因不明の小児の急性肝炎に該当する可能性のある疑い例が1例発生したと明らかにした。

 WHOによれば、4月21日時点で少なくとも169例が報告されており、内訳は、英国および北アイルランド114例、スペイン13例、イスラエル12例、米国9例、デンマーク6例、アイルランド5例未満、オランダ4例、イタリア4例、ノルウェー2例、フランス2例、ルーマニア1例、ベルギー1例となっている。患者の年齢は1カ月~16歳。17人が肝移植を必要とした。少なくとも1人の死亡が報告されている。

 これらのケースは肝酵素が顕著に上昇した急性肝炎例で、多くのケースで腹痛、下痢、嘔吐などの消化器症状、およびアスパラギン酸トランスアミナーゼ(AST)、アラニントランスアミナーゼ(ALT)が500IU/L超の肝障害と黄疸が認められた。いずれのケースでもA型、B型、C型、D型、E型の肝炎ウイルスは検出されていない。

 現在のところ、急性肝炎の原因ウイルスなどは分かっていない。WHOによれば、これまでに少なくとも74例から、アデノウイルスが検出されている。74例のうち18例は、感染性胃腸炎を引き起こすとされるF種の41型と同定されたという。また、これまでに20例から、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が検出され、SARS-CoV-2とアデノウイルスの同時感染は19例で認められた。

 ヒトアデノウイルスは、エンベロープを持たない2本鎖DNAウイルス。現在のところ、A~G種に分類され、80を超える血清型が見つかっている。アデノウイルス感染により、急性上気道炎などの呼吸器疾患、流行性角結膜炎などの眼疾患、感染性胃腸炎などの消化器疾患、出血性膀胱炎、尿道炎などの泌尿器疾患、肝炎などを呈する。ただし、アデノウイルスによる肝炎は比較的稀な疾患で、臓器移植や抗がん剤治療を受けた患者、免疫能が低下した患者などで発症し、しばしば重篤化する。

 WHOは、アデノウイルスが原因という仮説があるものの、患者の臨床像および重症度を完全には説明できないとしている。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック下において、人々の間でアデノウイルス感染の広がりが低下したことによって、(1)幼児における(アデノウイルスの)感受性の亢進、(2)新規のアデノウイルスが出現した可能性、(3)SARS-CoV-2とアデノウイルスの同時感染の影響──など、今後さらに検討していく必要があるとしている。なお、急性肝炎を発症した小児患者の多くはCOVID-19ワクチン接種を受けていないため、ワクチンの副反応によるものという仮説は支持されていないとWHOは指摘している。

 原因不明の小児の急性肝炎に関する、WHOの暫定の症例定義(working case definition)の最新版(2022年4月23日版)は以下の通り。「確定例」の定義は、現時点ではなし(N/A)。「疑い例」の定義は、2021年10月1日以降、ASTまたはALTが500IU/Lを超える急性肝炎を呈した16歳以下の小児で、A~E型肝炎ウイルスの関与が否定されている者。「疫学的リンクのある事例」の定義は、疑い例の濃厚接触者であり、2021年10月1日以降、急性肝炎を呈したあらゆる年齢の者で、A~E型肝炎ウイルスの関与が否定されている者。

 日本では、2022年4月20日、厚労省健康局結核感染症課が、「欧州及び米国における小児の原因不明の重篤な急性肝炎の発生について(注意喚起及び情報提供依頼)」と題する事務連絡を発出。WHOの暫定の症例定義に該当する患者を診察した場合は、その内容を国立感染症研究所緊急時対応センター(EOC)に連絡するよう自治体などに求めている。また、保健所や地方衛生研究所に対しては、医療機関と連携しながら検体(血液検体、消化器由来検体、呼吸器由来検体など)を保存するよう協力を呼びかけている。

 そして厚労省は、2022年4月25日、国内で疑い例に該当する入院症例が発生したと発表した。厚労省によれば、同疑い例は、アデノウイルスのPCR検査、SARS-CoV-2のPCR検査ともに陰性で、肝移植は受けていない。年齢や居住する都道府県名などは開示されていない。