島津製作所と東工大、世界最小サイズの発光酵素を開発、試供品を提供へ

 島津製作所は、2022年4月25日、東京工業大学との共同研究を通じ、既存のカイアシ類由来の発光酵素を改変し、世界最小クラスの発光酵素「picALuc」を開発したと発表した。研究成果は、2022年3月16日、ACS Chemical Biology誌のオンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)