ダイバースファーム、株式クラファンで資金調達開始

 培養肉の開発を手掛けるダイバースファーム(大阪市、大野次郎代表取締役社長)は2022年4月22日、株式をクラウドファンディングで販売する「株式クラウドファンディング」(以下株式クラファン)で資金調達に挑戦する。利益回収だけでなく、企業を応援する意味合いもある小口の投資を募ることで、事業方針の自由度を守る狙いがあるという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)