日立製作所、長瀬産業とスマートセルを共同開発、希少アミノ酸など量産化へ

 日立製作所と日立グループの日立プラントサービス、長瀬産業は2022年4月19日、スマートセルを使った有用物質生産の実用化で共同開発を始めたと発表した。2022年3月に3社で共同開発契約を結んだ。まずは希少アミノ酸の「エルゴチオネイン」の量産化を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)