食用コオロギのグリラス、動物用飼料市場へ参入

 食用コオロギの開発と販売を手掛けるグリラス(徳島県鳴門市、渡邉崇人代表取締役)は2022年4月15日、動物用飼料を売り出す新ブランドを設立した。同時に、爬虫類用の餌2種を発売。動物用の飼料では水産養殖で使われる魚粉の供給が不安定化しており、飼料効率も悪いため、安定供給できて環境負荷の低い飼料が求められている。同社は将来的に、コオロギを水産・畜産動物用の代替飼料としても売り出す考えだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)