SCARDA初会合で濵口センター長、「日本はmRNAワクチンのかけらもできない状況」

 日本医療研究開発機構(AMED)内に2022年3月に設置された、先進的研究開発戦略センター(SCARDA)の戦略推進会合が、2022年4月4日に初めて開催された。SCARDAのセンター長に就任した濵口道成氏(前科学技術振興機構[JST]理事長)は、「日本はmRNAワクチンのかけらもできない状況」と現状認識を示しつつ、「日本には色々な技術があり、素晴らしい人材がいる。足りないのは、この人材を結集させて1つの目標の元にこの難事を乗り切る作業だと思う。皆さんの力を集める役目を果たしたい」と抱負を述べた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)