東大と日清食品HD、日本初の培養肉試食を実施

 東京大学大学院情報理工学系研究科の竹内昌治教授と日清食品ホールディングスの研究チームは2022年3月31日、産学連携の培養肉研究において、日本で初めて公式に「食べられる培養肉」を作製し、試食したと発表した。日本では、培養肉はこれまで食品として公式に認められておらず、培養肉の食味を確かめる研究を認可する仕組みが無かった。今回、竹内教授らは東大の倫理審査専門委員会に研究計画を提出し、培養肉を試食することに対して承認を受けた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)