政府のワクチン戦略、関連プロジェクトやVCの公募始まる

 バイオ業界における2022年度の政府の目玉案件、ワクチン開発・生産体制強化戦略が本格的に動き始めた。日本医療研究開発機構(AMED)は2022年3月22日、ワクチン開発のための拠点の公募を開始した。公募対象はトップレベル拠点、シナジー拠点、サポート機関の3種類。また同日、AMEDに先進的研究開発戦略センター(SCARDA)が新たに設置され、同日にワクチン・新規モダリティ研究開発事業の公募を開始した。それらに先立って創薬ベンチャーエコシステム強化事業のベンチャーキャピタル(VC)を認定するための公募も、17日に始まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)