スタートアップのCrafton Biotechnology、日本発の技術でmRNA医薬を開発へ

 日本発の技術をベースにmRNA医薬の研究開発を進める、名古屋大学発のスタートアップ、Crafton Biotechnology(クラフトンバイオテクノロジー、名古屋市)が、2022年3月1日に設立された。同社を立ち上げた名古屋大学大学院理学研究科の阿部洋教授、京都府立医科大学大学院医学研究科医系化学の内田智士准教授、名古屋大学大学院理学研究科の金承鶴特任教授は、2022年3月18日に記者会見を開催した。その中で阿部教授は「日本の医薬品の貿易赤字が膨らみ続けている現状に、強い危機感を抱いて起業した」と起業の経緯を説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)