横市大小島氏、代謝酵素を封入した赤血球を代謝異常症に研究中

 第21回日本再生医療学会総会(会期:2022年3月17日~19日)で、シンポジウム「エンジニアド細胞による新しい治療」が3月17日に開催された。同シンポジウムで「エンジニアド赤血球による液体肝臓の開発」と題して講演した横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科の小島伸彦准教授は、先天代謝異常症を対象に、肝臓の一部機能を持たせた赤血球を研究する取り組みについて紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)