米特許審判部、2回目のCRISPR特許紛争でも米Broad研を支持する判決

 米特許商標庁(USPTO)の特許審判部(PTAB)は2022年2月28日、米Broad Institute(Broad研)とCVC(University of California, Berkeley[UCB]、オーストリアUniversity of Vienna、Emmanuelle Charpentier氏)との間で争われていた、真核細胞におけるCRISPR/Cas9システムの使用法に関するクレームの2回目の抵触審査において、再びBroad研の特許の有効性を支持する決定と判決を下した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)