武田薬品、米Code Bio社の非ウイルスベクターで最大4品目の遺伝子治療をオプション契約

 武田薬品工業と米Code Biotherapeutics社は、2022年2月22日、希少疾患の遺伝子治療に関する共同開発・ライセンス契約を締結したと発表した。Code Bio社が保有する遺伝子治療の非ウイルスベクター送達技術「3DNA」を活用し、肝臓を標的とする1品目、中枢神経系(CNS)を標的とする3品目を創出する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)