セルジェンテック、血友病Aやライソゾーム病に遺伝子細胞治療を開発中

 セルジェンテック(千葉市、麻生雅是社長)は、患者から採取した脂肪細胞にex vivoで治療用遺伝子を導入し、遺伝子組換え自家脂肪細胞を移植する遺伝子細胞治療を開発するスタートアップだ。開発が先行しているのは、家族性レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)欠損症を対象としたLCAT遺伝子導入ヒト脂肪細胞医薬品(LCAT-GMAC)だ。遺伝子導入にはウイルスベクターを用いている。このほど、同社の麻生雅是社長、臨床開発統括の谷尾政美取締役、阪倉宏志事業開発部長、経営計画・管理統括の島田隆浩取締役が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)