大塚製薬とジョリーグッド、VRによる統合失調症患者の社会復帰支援に向け業務提携

 大塚製薬とジョリーグッド(東京・中央、上路〔じょうじ〕健介代表取締役CEO)は2022年1月27日、VR(仮想現実)を活用したソーシャルスキルトレーニング(SST)の国内における独占的共同開発および販売に関する契約を締結した。両社は2022年内に、統合失調症患者の社会復帰をサポートするVRコンテンツの販売開始を目指す。大塚製薬はジョリーグッドに契約一時金として3億円を支払うとともに、コンテンツの制作費の全額を負担する。同契約は、制作開発費および販売のロイヤルティーを含めると50億円規模になる可能性があるという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)