SONY、閉鎖型セルアイソレーションシステムを2022年秋に発売

 SONYは2022年1月26日、閉鎖型構造のセルアイソレーションシステム「CGX10」を新発売するとして、説明会を開いた。レーザー照射で細胞の大きさや表面抗原を判別し、目的の細胞をより分ける装置だ。基礎研究に加え、CAR-T療法をはじめとする細胞免疫療法への応用を想定する。Good Manufacturing Practice(GMP)への適合性調査申請に必要なデータも出力できるなど、商業的な細胞製造に展開することを想定している。発売は2022年秋を予定している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)