「近大サプリ 青みかん」が、鼻の不快感を軽減する機能性表示食品に

 近畿大学発ベンチャー(スタートアップ企業)であるア・ファーマ近大(大阪府東大阪市、田中栄二社長)が機能性表示食品の届け出を行い、同社初となる商品「機能性表示食品 近大サプリ 青みかん」(届出番号:G878、届出日:2021年12月6日)の届け出受理を消費者庁が2021年12月28日に公表した。機能性関与成分は、温州みかん(ウンシュウミカン)由来のヘスペリジンとナリルチン。「ハウスダストなどによる鼻の不快感を軽減する」旨の機能性表示を届け出た。届け出資料には、販売開始予定日として「2022年8月1日」と記載されているが、実際の販売開始時期は現在、検討中だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)