広島大、miRNA薬として国内初の治験を中皮腫向けに開始

 広島大学大学院医系科学研究科の田原栄俊教授らは2022年1月20日、田原教授らの研究グループが創製したマイクロRNA(miRNA)核酸医薬のMIRX002について、悪性胸膜中皮腫を対象とした医師主導治験(第I相)で1例目の患者に投与が開始されたと発表した。miRNA核酸医薬の治験入りは国内では初めてで、世界でも4件目となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)