韓国ABL Bio社、Sanofi社にパーキンソン病向け二重特異性抗体を導出

 韓国ABL Bio社(ABL社)は2022年1月11日、α-シヌクレインが関与するパーキンソン病などの神経変性疾患を対象として、同社の二重特異性抗体ABL301の開発と商業化を進めるため、フランスSanofi社と世界的な独占的ライセンス契約を結んだと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)