キリンと静岡大、自然科学研究機構、酵素によるPETリサイクル技術を共同研究

 キリンホールディングス(キリンHD)キリン中央研究所と静岡大学、自然科学研究機構(NINS)は、酵素を用いてPET(ポリエチレンテレフタレート)をリサイクルする技術の確立に向けた共同研究を2022年1月から開始すると、2022年1月18日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)