IDファーマ、経鼻COVID-19ワクチンは追加接種需要を見込み2023年に申請へ

 アイロムグループのIDファーマは2021年1月14日、開発中の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン(開発番号:IRO-203)について、追加接種(ブースター接種)を対象に臨床試験を進めると発表した。国内でCOVID-19ワクチンの初回接種が進んでいることを踏まえたものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)