Pfizer社、コロナワクチンに用いたカナダAcuitas社のLNP技術で新たに契約

 米Pfizer社は2022年1月10日、脂質ナノ粒子(LNP)を用いた薬物送達システム(DDS)開発に特化したカナダAcuitas Therapeutics社と、mRNAベースのワクチンと治療薬の開発で協力すると発表した。Acuitas社のLNP技術は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のmRNAワクチン「コミナティ」に利用されている。Pfizer社はさらに両社の連携を強化し、最大で10品目の創出を目指すとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)