BMS社と米Century社、他家iPS由来のNK細胞やγδT細胞で提携

 米Bristol Myers Squibb(BMS)社と米Century Therapeutics社は、2022年1月10日、他家iPS細胞由来のNK細胞(iNK)、γδT細胞(iT)の共同開発とライセンスに関する契約を締結したと発表した。血液がんと固形がんを対象に最大4品目を創出する。Century社は米Stanford Universityおよび東京大学の中内啓光氏が創業科学者のスタートアップだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)